2018年10月23日

ポアントの履き方

初めてポアントを履くのに履き方まで細かく教えてくれるお教室は
あまりないと思います。なので私の方法をご紹介しようと思います。



つま先の準備


足指を出して直接トウカバーとトウセパレーターをつけます。
一時期足の指が当たることがあったので他の指にも筒状のカバーを
つけていましたが、今はなくても痛くないのでつけてません。
また人によって、テープを指に巻いたり微妙にサイズの調節を
するためにペーパータオルをつま先に巻いたりする人もいます。
IMG_4620.JPG

そこにタイツをかぶせて上からトウパッドをつけます。私は
タイツの外にパッドをかぶせますが、タイツの内側にトウ
パッドをつける人もいます。
IMG_4622.JPG

足を靴に入れる


足の親指側を靴の側面に合わせて滑らせていきます。ポアント
には左右がありませんがこうしてなじませることで足の形に
少しずつ合っていく…ハズ。
IMG_4623.JPG

足が入りました。
IMG_4624.JPG

リボンを結ぶ


リボンの巻き方・結び方も色々あると思いますが、私はまず
内側のリボンを巻く→外側を巻く→結ぶという手順でやって
います。
IMG_4625.JPG

結びます。この時真結びで結ぶようにします。
IMG_4626.JPG

IMG_4627.JPG

結んだら残ったリボンをまとめて巻いて結び目の内側に
押し込みます。
IMG_4628.JPG

IMG_4629.JPG

番外・リボンの解き方


脱ぐのは特に方法とかコツはあまりないのですが、リボンの
ほどき方はちょっとコツがあります。ここで真結びにしたのが
生きてきます。

押し込んだ部分を取り出したらリボンの片方を引っ張って
結び目を横に露出させます。
IMG_4630.JPG

リボンを結び目から抜き出すように引っ張ります。片方の
手で結び目を抑えてやると簡単です。

スポンサーリンク

posted by Yuko at 13:13| Comment(0) | バレエ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください